フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月21日 (月)

第一回 たから寄席 7/28(土)16:30開演

ということで、当寄席の全貌が少しずつ明かされつつあります。
なにをそんなにもったいぶるのか・・・。

私自身、こうした寄席を主催するのが初めてなもので少し慎重になっているからです。しかし、「主催」などと大げさなことはあまり言えないのは、中学時代の先輩に大いに助けてもらっているから・・・。

チケットの販売方法、宣伝の仕方、お客さんのさばき方、芸人さんの接待などの未知の作法があります。

場所などはチケット販売と同時に明かしていきます♪

2007年5月20日 (日)

たから寄席

芸事を見聞するにつけ、芸人さんの心の奥深くにある魂の強さを感じます。

落語や色物(奇術・大道芸・漫才など)を一緒に行う興行を「寄席(よせ)」と言います。この寄席は、江戸時代から親しまれてきました。日本の風情を感じます。特に話芸によって、正しい日本語を聞くことができます。しかも、嬉しいことに笑いがあります。

笑うという動作は、他の生物には見られないものです。最近は、ストレス発散・抗ガンという作用も有ると聞きます。芸術とは違った意味で、笑いは生活に余裕や潤いを与えます。


釈尊は「健康は宝」と言っています。<たから寄席>は、「宝を寄せる」という意味を付したいので、寺の名前から1字とりまして、命名しました。

何も仏教の布教を全面に出すつもりはありません。ただ、お客さんが無心に笑いにかじりついて、ホクホクの笑顔でお帰り頂くことをコンセプトにこの「たから寄席」を展開していきたいと思う次第です。

2007年5月 6日 (日)

たから

人生で何が「たから(宝)」なのでしょうか?

わたしは、「健康」と答えたいと思います。

トップページ | 2007年6月 »