フォト
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月10日 (火)

子供向けの<たから寄席>

次回、第5回たから寄席は昨年と同様、魔法使いアキットさんをお呼びします。

子供さんには、ハリーポッターもびっくり!?な不思議な魔法を楽しんでもらいたいと思います♪

一方、大人向けにはちゃんと落語を用意しています。いつも通りお運びください。


子供さん向けには午後2時半くらいから、大人には午後2時からの、2段構えでの寄席を行います。

次回は来月です。

7月26日(土)大人14:00 子供(アキットショーのみ)14:30

詳細は、後日発表します♪おたのしみに。

2008年6月 2日 (月)

第4回・・・雑感

この日は五月にしては肌寒い日でもあり、雨も時折ぱらついていた。

いつも新鮮な布陣をせいしょう亭(落語プロデューサー)さんにお願いをしている。



講談・神田きらりさんは、講談というひとつの伝統的な路線を突き進むも、場の雰囲気をつかみ笑い話(所謂脱線)を盛り込むことが上手。聞き手を惹きつけて話さない話術は巧みだし、ストーリー&脱線が、よくブレンドされている。伝統芸能をこれだけ魅力的に披露できるのは、きらりさんならではの持ち味と言えよう。

落語・橘ノ圓満さんは、枕や話しの組み立て方が三遊亭金馬(三代目)を彷彿させるものを感じる。その代表格とも言える「金明竹」を披露。与太郎話しと関西弁揶揄の2つのストーリーを楽しめるお題だ。その他、「ラブレター」。御存知、柳亭痴楽(四代目)の十八番。このお題は痴楽師匠からの直伝との事。うーむ 味がある。楽しかった。

前座・西正亭あたりさんは、落語家プロデューサーでもある。落語もやってしまう才能の持ち主。前座とは言え、客を惹きつけるオーラは流石。枕も時流に乗ったつかみでOK。

福引き大会! この寄席の目玉?の一つである福引き。当山とお取引きのある法人さんからの御協賛を多分に頂戴している。毎回、飴一袋がお客さんに行き渡る豪華さを頂戴している。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »