フォト
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »

2010年12月

2010年12月13日 (月)

第16回たから寄席【柳家小せん披露公演】 雑感

晴天にも恵まれ、錦秋の名残が些か残る境内。
真打ち披露というおめでたい会をもつことができました。
ご来場のみなさま、ありがとうございました。

  演 目

「鴻池の犬」    馬るこ
「ガーコン・上」  小せん
「ガーコン・下」  川柳
   ~仲入り~
「披露口上」   小せん・川柳・馬るこ
「盃の殿様」    小せん


落語の中に、吉原という文化が大きく食い込んでいます。
今、吉原を知らない人が大勢います。私もその一人です。
なんとか、その吉原の風情を(落語を聞く)自分の脳裏に
再構築しているつもりなのですが、なかなかピンときません。

景気を盛り上げる意味でも、お台場あたりに「吉原」を作る
政党(仮称・吉原党)があってもいいのではないかと、愚
直に思うことがあります(苦笑)

古典落語の世界は、吉原だけにとどまりませんが、日本の
古い文化が、多くひっそりと無くなっていることに気づきます。


« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »