フォト
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年11月

2013年11月20日 (水)

雑感 〜第21回 宝寄せ〜

2013年11月16日(土)14:00開演

木戸銭2500円
正太郎 もぐら泥
一琴  試し酒
 ・・仲入り・・
紫文 三味線都々逸
正朝 井戸の茶碗
11月半ばとなると気温も日暮れと共に下がる。・・・・その手前まで今回の寄席は熱演が続いた。お客さんもよく笑って頂いたし、噺家さんたちも楽しい噺に終始した。
正太郎さんは、泥棒のあらゆる苦悶をおもしろおかしく演じた。
一琴さんは、(実は下戸なのに)大酒飲みの醍醐味が酒気として伝わった。
紫文さんの三味線は、奇しくも生音で聞け、都々逸も生の声で会場をわかせた。
正朝さんの清兵衛は、おちゃめでリズムが面白く、茶の湯を知ればこそ解る唐物の深淵もちらっと見える噺は、秀逸!
次回、第22回宝寄せは2014年5月18日(日)14:00を予定しております。

2013年11月14日 (木)

宝フェス第一回 雑感

健康がテーマの宝フェス!

曇天模様の下、7:00くらいから最終準備に入った。

駿馬♂の白馬(ルル)は、境内の環境に慣れる為、係の方が境内中を引き回していた。「たから寄せ」ののぼり旗にも驚くので、これは撤収。
9:00に法要1「大願成就」
9:15に法要2「宝ひろば杮落し」
・・・
以降イベントが続いた。
ルルは、人気者で小学生を中心に人気を集めていた。
絵馬は大願成就の為のツール。
本物の馬を奉納していた奈良時代、奉納する方も、される方も大変な手間がかかり、絵馬と言う画期的なツールが発明され、現代に至る。
当フェスでは、本物の馬、しかも白馬を以て大願成就の儀式を執行。
ご利益は絶大。
来年は同じ日にちで行います。
2014年11月9日 日曜日 9:00−15:00(予定)
馬も参加します。
いろんなイベントを考えています。
次年の干支と健康とをコンセプトにファッションショー(素人参加型)もやってみたいと思っています。
 ※宝フェスはさまざまな良縁を以て開催されますので、都合に拠り中止・代替のアトラクション等がありますこと、予めお伝えしておきます。

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »