フォト
無料ブログはココログ

寄席

2009年11月22日 (日)

第11回 たから寄席

 

今年最後、笑い納めのたから寄席です。

〜いちのすけのムシャ修行 その壱:品川宿〜

 ◎日 時  2009年12月27日(日) 14:00開演
 ◎場 所  寳幢院(本堂)
 ◎出 演  春風亭一之輔(2席) ・ 桂 平治(2席)
 ◎木戸銭  2000円(前売り) ※当日券2500円 
         !小中学生500円(前売り・当日共)

 

          !恒例の福引き付き!


             ◇御予約・お問い合わせ◇ 

                  

              オフィスせいしょう亭 
           e-mail  bacchy5@ezweb.ne.jp
                        tel.  080-5166-9511

2009年7月23日 (木)

第9回 たから寄席

              ☆〜夏休みの総仕上げ〜☆

この夏どんな風にお過ごしでしょうか?
夏の最後には、たから寄席で花火のようにドーンimpactと笑い声happy01を打ち上げてみませんか?

・日時 2009年8月29日(土)PM2:00  宝幢院

・場所 寳幢院本堂

・木戸銭 1500円(前売り) 当日券2000円


 <出演>

◎怪談噺編  五街道弥助 「もう半分」

◎不思議マジシャン 荒木巴 「お嬢様マジックショー」

◎賑々しい噺 鈴々舎馬るこ 「(おたのしみに)」

!!恒例の福引き大会も有ります!!


  ※チケットのお申し込みやお問い合わせは<せいしょう亭>まで
     チケット専用ダイヤル 080-5166-9511
     専用メール  bacchy5@ezweb.ne.jp

【ビッグニュース】 
当日ご来場のお客様に限り、次回10回記念興行(ビッグネーム来る!)の先行販売を行ないます。

2009年6月 7日 (日)

第8回たから寄席 雑感

 午前中は完全な雨模様でした。
予報では、雨はあがっていくとのこと。
開演時刻には、なんとかあがっていました。

 開演午後二時、定刻通り。

 ◎次第

  西正亭あたり  松竹梅
  古今亭駒次   鉄道戦国絵巻
  三遊亭遊雀   反対俥

  〜仲入り&抽選会〜

  鉄っちゃんミニ・トーク (遊雀・駒次・マグナム)
  マグナム小林    バイオリン漫談
  三遊亭遊雀     明烏

芸人さんとお客さんとのマッチングとてもよく、熱気のこもった会場の雰囲気でした。

今回の「鉄っちゃんネタ」を通じて思うことは、「東急池上線は良い電車!」ということでした。

次回は8月29日(土)です。「夏休みの総決算〜☆」といったところでしょうか。
そして第10回は、10月24日(土)です。いよいよビッグネームが登場します♪

2008年8月18日 (月)

第6回 たから寄席

 秋のたから寄席!

  

第6回 たから寄席 
 
    三遊亭兼好師匠真打ち披露!

     昨年11月、当寄席で公演された三遊亭
     好二郎さんが真打ちに昇進。
     おめでとうございます
     厳かにも賑々しい会になること請け合い!

     

     他出演者 柳家三三・三遊亭好太郎

 


  日 時  2008年10月25日(土)14:00−
  場 所  寳幢院本堂
  木戸銭  大人1500円・小中学生500円


 お問い合わせ先  
オフィスせいしょう亭 026-213-4080
チケット専用ダイヤル 080-5166-9511
Eメール       bacchy5@ezweb.ne.jp


  寳幢院:大田区西六郷2−52−1 京浜急行 六郷土手駅・雑色駅 徒歩8分

2008年7月28日 (月)

第5回たから寄席雑感

出演は、西正亭あたりさん(前座)・アキットさん(奇術)・鈴々舎わか馬さん(落語)。

今回は去年の第1回たから寄席を鑑み、子供エリア・大人エリアをわけた。
夏は、子供さんにも来て頂きたいので、本堂をアキットショー専用の場所とした。また大人には落語を集中して楽しんで頂きたいので書院(クーラー付き)を落語&福引きの会場とした。

2時から2時40分くらいまで、席亭の私が本堂で子供向け紙芝居を5本くらい行った。その後、アキットさんが登場し、風船などの作り物で子供たちと交流。3時10分頃、書院から出てきた大人も本堂の子供エリアで合流し、アキットショーが始まった。
アキットショーは、去年よりもその規模が格段に増してイリュージョンも含め、摩訶不思議な奇術が展開された。奇術とは別に、スプーン曲げという超能力?も毎度おなじみ。スプーンが簡単に曲がったり、直ったり。またフォークも先っちょがバラバラになったり、もどったり・・・。すごい。

わか馬さんは、あのガーコンを始め往年の若者たちを十分に楽しませた。歌声が美しく、素晴らしかった。残念ながら、私は本堂での紙芝居と福引きの支度とで、彼の芸を100%堪能できなかったが、端から聞いていてもそのハッピーな展開に心が弾んでしまった。

福引きは、目玉景品2つ(こしひかり2キロ・あきたこまち2キロ)を別にし、他の景品を当てたお客さんに、会場から本堂へ移ってもらった。大人エリアで二人のお客さんが残り、めでたくも目玉景品をお持ち頂いた。


総じて、子供と大人とそれぞれのエリアで集中して楽しんで頂けたかと思う。


・・・来年に向けて、本堂にクーラーを設置したいのだが、なかなか先立つ物に恵まれなくて(苦笑)、奮闘努力せねばと決意を新たにした。